就職活動中に書いた履歴書の数

就職へ向けて、必ず必要となってくる履歴書の記入のポイントについて学んできたことを書きます。

就職活動中に書いた履歴書の数

就職と履歴書のポイント

私は学生時代、専門学校に通っていました。専門的な勉強や実習はもちろんのこと、何より就職の活動に向けて力を入れていることがありました。それが履歴書です。履歴書は就職したいと希望する相手先に自分自身がどのような人間かということを判断してもらうには欠かせないものですし、今はまず書類選考で人数を厳選してから面接などを行う企業も多いので何よりまずは履歴書での印象が大切との考えでした。

実際に、履歴書を作成するにあたっての証明写真は学校に写真屋さんが来てくれ、しっかりと何度も撮り直していいものを仕上げてくれましたし、履歴書自体も一般的に販売されているものではなく、学校で専用に作ってくれた用紙を使用していました。その専用の履歴書は普通よりも資格を記入する欄が多く設けられていたりとアピールするポイントを増やす工夫などがされていました。そして、履歴書を綺麗に書くにあたっての指導を受ける授業も就職前の時期になると多くありました。先生が字のバランスはもちろん、様々なポイントを指導してくださりこれこそ専門学校の強みだとも感じました。

実際に就職の際には履歴書の書き方など、相手先に褒められるということもありましたし、きちんと希望通りに就職することもできました。履歴書は本当に就職活動には欠かすことのできないものなので、少しでも多くの履歴書記入のポイントを押さえていることで、かなり有利なものになるのではないかと思います。