就職活動中に書いた履歴書の数

就職活動において履歴書は自分と会社が対話する最初の機会です。ありふれたことを書いても面接に呼ばれません。

就職活動中に書いた履歴書の数

私の就職活動体験記―人事担当者の目を引く履歴書―

就職活動において履歴書作成はミスすることができない最初の関門です。履歴書で失敗すれば面接まで進むことができず、また失敗が重なって泥沼化(面接まで呼ばれない)するおそれがあります。履歴書をただの書面だと思ってはいけません。履歴書は会社との「対話」だと考えるべきです。本稿では少しでも面接までいける可能性を高めるための、人事担当者の目を引く履歴書の書き方について自分の経験をもとに若干説明してみたいと思います。まず市販の就職活動本は参考程度にとどめるべきです。就職活動本のノウハウに書かれていることはあくまで一般的・抽象的なものにすぎないためそのまま例文として用いると失敗します。人事担当者は書店で紹介されている就職活動本に事前に目を通している場合もあります。

次にOBOG訪問をした場合はそのことをしっかりアピールしてください。注意するべきことは、OBOG訪問をしたという事実が大事なのではなく当該会社の何が分かったか、自分はどこに興味関心を抱いたのかということです。またサークル、部活動、アルバイト関連の記載はありふれていて評価されにくいということです。実際に友人・先輩が書いた履歴書を見せてもらうと話が早いのですが、サークルで副部長をやったとかアルバイトで主任をしていた等の記載は皆が書いていてアピールになりにくいです。人事担当者の目を引くためには特殊な経験をしていないと評価されにくかったように思います。そして何より履歴書の使いまわしは絶対にしないことが大切です。会社によって書くことが異なるのは当然です。履歴書は自分をアピールする最初のチャンスです。ありふれたものにせず、自分にしか書けない履歴書を作成して内定を勝ち取ってください。